ペニス 食生活

ペニスを硬くする方法※食生活の改善で現実的に可能なのか?

食生活

 

ペニスを硬くする方法の一つで食事が上げられます。

 

血管を広げる効果のある成分が含まれた食べ物を食べる。
健康に気お使った食生活を行うことにより、血液の流れを良くする。

 

以上、2つの理由により食生活からペニスを硬くする効果があるのですが、食生活の改善ですぐに健康な体を作りだすことは難しいので、現実的に考えるとペニスを硬くするには向いていない方法になります。

 

血液をドロドロにする原因としては中性脂肪や悪玉コレステロールが関係しています。

 

お肉や油、お菓子などに中性脂肪や悪玉コレステロールが含まれていることが多いのですが、日常的に食べている人が多いかと思います。

 

外食で居酒屋などにいけば油を使ったものを食べる料理は非常に多いですし、お肉を使った料理も非常に多いです。

 

女性同士での飲み会などであれば、野菜料理をメインに使った居酒屋などに行くこともできるかも知れないですが、男性同士の付き合いだとそうもいきません。

 

自分だけ何も口に入れないなんてことも仕事帰りは空腹なのでできないですからね。

 

いくら血液をサラサラにする効果のある食べ物を食べたとしても、結局は反対のドロドロにする食べ物も食べるので、効果はほとんどありません。

 

サプリメントのように少量の中に沢山の有効成分が含まれているものであれば効果はでますが、普段の食事から摂取する食べ物では食事の量のわりにペニスを硬くするのに効果的な成分が含まれている量が少ないので、硬くなるまでには時間がかかります。

 

ペニスを硬くしたいのであれば、流れる血液の量が少ないので血液もドロドロな可能性が大きいかと思います。

 

血液がサラサラな状態からドロドロにするのは男性は日ごろ肉料理や油を使った料理を食べることが多いので簡単にすることができます。

 

しかし、逆に血液をドロドロにする食べ物を一切摂取しないのは難しいです。
血液をサラサラからドロドロにするのは簡単なのですが、その逆は大変なのですね。

 

あくまで食事でペニスを硬くするのではなく、ペニスが柔らかくならないように補助の意味で食事に気お使うようにした方が良いです。