手術 制限

手術は高額なだけでなく、色々な制限がかかるのでおすすめできない

制限

 

ペニスを硬くする方法の一つで手術することがあげられます。
方法としては注射をペニスにします。
効果が非常に早くでるのですが、金額も高く色々と制限がかかります。

 

ペニスを手術するとどんな制限がかかるのかご紹介させて頂こうと思います。

 

 

ペニスを手術したときにかかる制限3つ

 

 

包帯を巻くので人前で小便するのが恥かしい

 

必ずではないのですが、ペニスに注射を打った後はペニスに包帯を巻くことがあります。
病院によっては包帯を巻かないところもあるみたいです。

 

手術した日が休みであれば、一日中家にいれば問題はないのですが、仕事や外出の用事があると外で小便をする必要がでてきます。

 

しかし、建物などに設置されているトイレなどで小便をするとなると横から包帯を巻いているのを見られる可能性があります。

 

 

シャワーでペニスを洗うことができない

 

注射をした当日に関してはシャワーを入ることは可能なのですが、ペニスにお湯がかからないように気おつけなければなりません。

 

言うのは簡単なのですが、現実に行ってみると大変難しいです。
股の辺りなどはあせもかきやすく、体臭も発生しやすい部位になります。

 

翌日仕事やでかける用時があるのなら臭いまま出かけるわけにもいかないので、洗わない選択肢をとることもできないです。
ペニスに関しては洗っていないので翌日は不衛生な過ごさなければいけなくなるので、臭くなることも考えられます。

 

2日目からはごしごしは洗えないですが、ペニスにお湯をかける分には問題ありません。

 

 

入浴できない

 

手術後5日間ぐらいの期間は入浴することはできません。
手術をした翌日からシャワーなどでペニスにお湯をかけるのは問題ないのですが、長時間濡れる入浴は5日間ほど期間をあけなければならないのです。

 

お湯の出るシャワーがあるような家庭であれば5日間入浴できないのは我慢できないことではないですが、シャワーでお湯が出ない家庭もあるかと思います。

 

シャワーでお湯の出ない家庭となると水シャワーで我慢するか、温水器などで誰かにお湯を汲んでもらうしか体を洗う方法がないので大変です。
(わたしの実家は水シャワーしかでませんでした)

 

手術よりも制限のないサプリメントならコチラ